レポートのスピード

今年の夏はほぼ2ヶ月、ずっとBtoBインタビューだった。
その最中に、別件で6グループのグルインを実施。
5グループ終了時、3日でサマリーがほしいとリクエストされたときは
さすがに「(笑)」という反応しかなかったが、書きましたよ、サマリー15頁!

最近はグルインの司会を内製化して、社員がモデレーターをする企業もある。
それはそれで、社員が生活者の声を肌感覚で感じられて大いによきことかなと思うが、
レポートに関してだけは、分析力、スピード感は経験値がないと難しいと思う。

特に、最近はデジタル脳の人が増えているので、定量データを処理するのは得意だが、
定性調査のように「発言の真意を汲み取る」ということが今ひとつ苦手な傾向がある
気がする。定性データの読み取りには、根気と忍耐、そして構造的視点が必要なので、
結構しんどい側面があるからだと思う。

ただ、これもトレーニング次第でスキルアップは可能だと私は思うが、その際、教える
側にも大いなる忍耐が必要かもしれない。(笑)