家事のカスタマイズ

洗濯や洗濯洗剤については、多くの知見をもっています。
家事の中でも、主婦の皆様にとって洗濯は、比較的「好き」な部類に入るというデータが多いですよね。
もちろん、家族人数等によってストレス度合いは違うでしょうが。。。

洗濯洗剤というのは液体/粉という組成もそうですが、機能的にもかなり多様な商品があるので
その中で「自分の家庭に合う」商品を選んでいる主婦(夫)の皆さんは本当に立派です!

洗剤のインタビューをしていたとき、夫とのやりとりを披露してれた対象者がいて、「君のカスタマイズには
ついていけない!」と言われたそうです。
夫が手伝おうとしたとき、洗う衣類の仕分けのこと、これはネットにいれるとか、洗剤はこの程度で、柔軟剤は
これでこの位で・・・云々、もう、それはそれはうるさく指示したため、そのように言われてしまったそう。(汗)
でも多かれ少なかれ、主婦(夫)の皆さんは、個々の手法にこだわりがあることは確かです。
干し方ひとつみても、竿に掛ける、洗濯ハンガーに掛ける等、個人で非常に多様な個性がありますよね。

でもこの「カスタマイズ」って、実はけっこう楽しんでいるという傾向もみられます。
「私のやり方は正しい!」と信じて一生懸命頑張っている姿は、たくましくもあり、健気でもあります。