生命力と感情の関係

「生命力がある人」というと、元気な人とか、パワーに溢れて前向きなどのイメージがありますよね。
ところが、「感情のコントロール」も、生命力との関係があるらしいです。

感情というのは、自分の外側に起こる縁に触れて発動されるものですが、その環境のままに・・・
ある意味環境に流されて感情を噴出させるのも、「生命力がない」証だそう。
つまり何かコトが起きたとき(それが人を相手にしたときも)、感情のままにそれをぶつけてしまうのは、
自分をコントロールできるエネルギーがないということで、「怒り」の感情も含めて「生命力がない」
状態だといえます。

疲れていたり、ストレスが溜まっているときなどはネガティブな感情に支配されがちです。
「心の師とはなっても、心を師としてはいけない」という言葉を聞いたことがありますが、ちょっと
イラついている時は生命力が下がっているバロメーターかもしれませんから、意識して気持ちを
リセットして、明日はきっといいことが待ってるに違いない!と、赤毛のアンになりましょう!(笑)