観劇とショッピングセンター

サンシャイン劇場で上映中の「うたかふぇ」という、ストレートプレイ・ミュージカルと銘打った作品を観劇してきました。
次長課長の河本準一主演で、元宝塚娘役トップの陽月華なども出演。ウメちゃん(陽月)、相変わらずスタイル
抜群で顔ちっちゃ!

河本さん、舞台でのお芝居は初めてということでしたが、全般に台詞回しがとてもナチュナルで気負いがなくて、
でもホロっと させて、いい作品でした。役者さんたちの一生懸命さと、観客との近すぎず遠すぎずの距離感が
好もしかったです。

終演後、一緒に行った友人たちと、サンシャインアルパで軽く食事。三笠会館系列の「AGIO」というイタリアンを
チョイス。やはり「客の年齢層、顔を見て」だと思いますが(笑)、奥の方に半個室的に席を設えてくれ、様々気配り
もあり、お味も「大人の味覚」向けの丁寧な仕事ぶりで、久しぶりに「いいお店だな」と思わせてくれました。
(最近、 サービス、味、コストの三拍子がそれなりに合格点で、総合的に満足できる店って少ないので)

惜しむらくは「外装」。。。「AGIO」の看板が中華ネオンみたいで安っぽく、何の店かわかりにくいのです。
マネージャー自ら率先して懸命に動き、笑顔もたやさず、若い女性たちもキビキビして本当にいい雰囲気のお店なのに、
休日の割には入店客が少ないんじゃないかなあ。。。
私は「三笠会館」のブランドを知っているのである程度信頼して入りましたが、それを知らない人は多分躊躇するのでは?
あの看板がチャンスロスになっているのは否めないです。替えましょうよ(笑)

実は数年前に、サンシャインのリニューアルに関するインタビューを行ったことがあります。今回再訪してみて、その時
提案したいくつかの施策が、少し形を変えて実施されていることを確認しました。特に植物を使った店内演出は以前より
少しよくなった印象があります。

ただ、あの立地はある意味「都会の孤島」なので、客を待っているだけでなく、こちらからお迎えに行く「アウトリーチ」 の考え方を提案しましたが、それはまだ実現されていないようです。

その点、似たような悩みを抱えていた日本橋高島屋は、車体にお花いっぱいの無料シャトルバスを運行させてますね。
サンシャインなら、水族館テーマのかわいいバスで送迎したら、みんな乗りたがるのにね~。