5年ぶりの国勢調査

今年は5年ぶりに国勢調査が実施されます。
で、近所の友人は今回、初めて調査員として個票回収に携わるそうです。町会長さんが直々に
訪ねて来られて、どうしてもとお願いされたので断れなくて・・・とお引き受けしたそうです。

それにしても、こういう公的な調査も、町会とか地域のつながりなどのボランティア的な人々に
支えられているのですよね。「お役にたてるなら」という精神がなければ、こんな面倒なこと、誰も
やりたくないと思います。なのでこういう調査に携わる一般の方々には、本当に頭が下がります。

最近は在宅率の低さや、住宅のセキュリティ強化、プライバシー保護意識の強さなどにより
回収率はどんどん低くなっています。
でも、社会保障政策などの基礎データになる大事な公的調査ですので、協力を惜しまない
ようにしたいものです。