リ・ポジショニング

【「ジャック・トラウトの「リ・ポジショニング戦略」より】
『「リ・ポジショニング」とは、あなたがあなた自身やライバルに対して抱いている認識を少しずつ改めていくことだ。』
一から新しいポジショニングを進めるのではなく、既存のポジショニングの延長線上で考え一歩一歩、地道な活動が必要。

そのためには、「その認識があなた自身に対するものでも、ライバルに対するものでも、それを改めるための戦略を
成功させるには、「脳がどのように動くか、人はどのように考えるかを理解しなければならない。

マーケティングが、実行者の「思い」ではなく「受け手」の脳やこころへの洞察が極めて重要

やはり「人間(生活者) のことを、ちゃんと見よう!」というのが原点なのですね。